ニキビ跡やクレーターを治す方法や赤み消す方法

ニキビ跡薬で治す方法や購入方法

しつこいニキビやニキビ跡をニキビ跡薬で治すとします。

 

どこで、購入したらいいのでしょう。

 

というか、一番安全なのが皮膚科を受診することです。

 

何しろ、皮膚科なら皮膚のエキスパートです。

 

自分に合った薬を見つけてくれるでしょう。

 

とはいうものの、実際のところ、薬で治すことができるニキビ跡は二種類なんだそうです。

 

一つは赤色になるニキビ跡ともう一つは茶色になるニキビ跡です。

 

というか、基本的に分けるなら刺激の少ないニキビ跡がこの二種類だけだということです。

 

つまり、刺激の強いニキビ跡はクリニックでの治療が必要だということです。

 

ちなみに刺激の強いニキビ跡はクレーターニキビとかです。

 

実はニキビ跡薬は市販でも購入できます。

 

ただ、副作用が起こったり肌トラブルがある場合があります。

 

そんなことにならないように初めて、購入する際は皮膚科の先生に相談しましょう。

 

それに皮膚科を利用すると医師に相談と保険が適用できるかもしれないからです。

 

ちなみに赤みには炎症を抑える方がいいです。

 

さらに茶色のニキビ跡はターンオーバーの正常化ができる薬が必要です。

 

ビタミン剤なども皮膚細胞の回復を早める効果があるので効果的です。

 

しつこいのはニキビ菌の存在です。

 

ニキビ菌の増殖を抑えたり、菌自体を殺すのなら抗生物質の存在です。

 

赤色ニキビ跡ならニキビ菌が残っている場合があります。

 

なので、抗生物質を使って菌の繁殖をなんとかするというわけです。

 

ただ、抗生物質なら高い滅菌効果があるんですが、その反面、強い効果によって副作用がでてしまいます。

 

副作用はめまいなどです。

 

でも、副作用があると困ります。

 

なので、出来たら医師と相談する必要があります。

 

さらに抗炎症剤というものもあります。

 

これはあくまで炎症を抑えるものです。

 

なので、赤いニキビ跡に効果があるでしょう。

 

さて、次は茶色のニキビ跡の場合です。

 

これには局所用抗ニキビ製剤なんだそうです。

 

結局、茶色くなった皮膚を溶かして新しい肌の再生を促すというモノです。

 

ただ、この薬は肌の弱い人には勧められません。

 

他にも美白剤が有益です。

 

何かとニキビ跡に役立ちそうな薬はありますが、肌に使うモノなので専門の医師に相談する必要があります。