ニキビ跡やクレーターを治す方法や赤み消す方法

ニキビ跡皮膚科での治療は自分の負担にならない程度に!

ニキビ跡のケア、気をつけているんです。

 

でも、なかなか、治らなくて困っています。

 

そんな時、ニキビ跡皮膚科で治療を考えるはずです。

 

なんといっても、皮膚科の医師なら肌についてのプロです。

 

信頼度は勿論、高いはずです。

 

とはいうものの、ニキビ跡皮膚科ではどんな治療をするのでしょう。

 

最初は大抵の人がそう思うはずです。

 

というのも、ニキビは自宅でもケアをしっかりすれば治ると大部分の人が思い込んでいるからです。

 

ただ、できることならニキビ治療は皮膚科でおこなうのが一番です。

 

そう、勧めている人もいます。

 

とにかく、まずは皮膚科でできる治療について見てみましょう。

 

最初にニキビの治療に保険が適用されるかでしょう。

 

これには適用できる場合とできない場合があります。

 

なんでも、保険が適用できるのはニキビの面ぽう圧出というものです。

 

これは面ぽう圧子で毛穴に詰まった皮脂を取り除きます。

 

次に薬の処方です。

 

ここはやはり、ターンオーバーの正常化でしょう。

 

そのために必要なモノです。

 

決して、ニキビ菌を消滅できるモノではなさそうです。

 

結局のところ、ニキビを増やさず、皮膚を再生するかでしょう。

 

しかし、これでは根本的なニキビ治療とは言えないのではないでしょうか。

 

大体、ニキビの元凶であるニキビ菌をなんとかしなくてはいけないと思います。

 

ということで、保険適用外の治療法の方がニキビには効果があるわけです。

 

ちなみに保険適用外の治療法はケミカルピーリング、レーザー治療、レーザーピーリング、フォトフェイシャル、イオン導入、FGF治療、皮膚移植と沢山、あります。

 

治療法の相場は皮膚科によってまちまちでしょう。

 

といっても、皮膚科でニキビ治療を受ける際はカウセリングを行うはずです。

 

その時、担当の医師に聞いてみたらいいでしょう。

 

それにニキビによって向き不向きの治療があるはずです。

 

まずは診察を受けてその後、相談に乗ってもらうほうがいいでしょう。

 

それにニキビ跡皮膚科にかかるといっても費用が高額になると支払いも大変です。

 

できるだけ、自分の負担にならない程度にニキビ跡の治療を考えておきましょう。