ニキビ跡やクレーターを治す方法や赤み消す方法

市販されているものでニキビ跡消す薬は効果があるか

赤みがかったニキビ跡や、クレーターなどは、なおりにくいと言われています。

 

だからといって放置しておくと症状がひどくなることがあります。こうしたニキビ跡を皮膚科に頼らずなんとか市販の薬で直したいと考えているかたは多いです。

 

薬での治療はすぐにできる点や早く直したいときに効果的な方法です。

 

実質、市販薬の抗炎症剤である程度の効果は見られます。

 

ニキビ跡を消すための市販や聞くのメリットは、薬局で発売されており簡単に手に入りやすいということです。

 

また、スキンケアよりも早く対応することができます。一方のデメリットは、根本的な治療ではないので再発しやすい、炎症がひどくなる可能性があるなどの理由が指摘されています。根本的にニキビ跡を改善したい場合は、皮膚科による治療が最適です。

 

しかし、皮膚科での治療も症状により限度がありますのでひどくなる前に受診する事が望ましいです。薬をしようする前にニキビ跡の特徴について把握する事が大切です。

 

ニキビ跡には、5種類のタイプがあります。赤色、茶色の二種類は刺激が小さいものです。

 

この場合は、市販の薬でもとの状態に戻すことが可能です。

 

一方で、クレーターやしこりができるもの、みみず腫れになるものは、かなり刺激が大きいのです。

 

この場合は、皮膚科での治療が必要です。

 

市販薬で直せるニキビの場合は、薬局で購入することが可能ですが、謝った薬の選び方をしてしまうと副作用が起こったり、ニキビが、ひどくなってしまう可能性も否定できません。

 

薬剤師に相談して購入することが望ましいです。

 

皮膚科での治療が必要なニキビの場合は、病院で処方される薬は、「抗生物質」「抗ニキビ薬」「ビタミン剤」や美白を促す薬も処方されます。

 

また、皮膚科の診察を受けるということは、医師に症状についてその都度相談することが可能です。

 

ニキビあとがひどい場合は、自分で判断して市販薬を購入する前に、皮膚科を受診して、医師の適切な指導を受ける事が望ましいです。