ニキビ跡やクレーターを治す方法や赤み消す方法

ニキビ跡治すためには早めの処置が必要

ニキビ跡をそのままにしておくとシミになってしまいます。

 

それでなくても赤みがさしてみっともないのに、ずっと残っていると困ります。

 

しかも、以前はニキビ跡は治らないと言われていたんです。

 

で、現在、早めに処置をすればニキビ跡を治すことができます。

 

なら、ニキビ跡治すにはどうすればいいのでしょう。

 

そこでニキビ跡とはどういうものが確認しておきましょう。

 

肌に炎症や傷ができます。そこに色素が沈着してシミになってしまいます。

 

それがニキビ跡の正体というわけです。

 

ニキビが同じところに出来るために皮膚組織が傷んでくるわけです。

 

さらにニキビ跡にはいろんな種類があります。

 

最初は赤みのあるニキビ跡です。

 

原因はニキビが炎症を起こし、ニキビの周囲がうっ血した結果なんです。

 

次に茶色や紫色のニキビ跡。

 

一見、シミのように見えます。

 

同じくニキビが炎症を起こしたものの、毛穴周辺の毛細血管が破裂したんだそうです。

 

ちなみに色素沈着が原因です。

 

ニキビ跡治すと簡単に言っても結局、ニキビにはいろんな種類があります。

 

しかも、どのニキビタイプかで治療法が違ってきます。

 

でも、凸凹したニキビ跡が一番厄介です。

 

ちなみに凸凹したニキビ跡がニキビ跡の症状が重いんです。

 

凸凹したニキビ跡が治ったら他のニキビ跡は必ず、治るはずです。

 

まず、凸凹したニキビ跡にならないために赤みのあるニキビ跡のケアをしましょう。

 

それには最初に洗顔です。

 

ビタミンC配合の化粧水と美容液を使ってスキンケアです。

 

ちなみにビタミンC配合の化粧水はいろんなメーカーから出ています。

 

その中から実際に効果があるかはまず、配合率から判断してみてください。

 

というのも、肌に効果の出るものはなかなかみつからないからです。

 

なので、まず口コミなどを参考に探してみるのも良さそうです。

 

さらに一度、お試し期間というのがあったらなおさら、いいかもしれません。

 

ただ、先にも言ったようにニキビ跡は二度と治らないと言われていました。

 

でも、現在、ニキビ跡治すことは不可能ではなくなってきました。

 

なので、努力は続けた方がいいです。